C-limber's highへようこそ。
C-limber's highは山登りのサイトではなく、福岡システム開発WEB制作会社 C-limber(クライマー)株式会社の技術メモブログです。
福岡システム開発ホームページ制作をお探しの方はお気軽にご相談下さい。

2016年3月26日土曜日

[Composer]なんかまたエラーがでて進めない

13:31 Posted by 井口達也 , No comments
こんにちは、エンジニアの井口です。

composerのfxp/composer-asset-pluginはめんどくさい

便利なcomposerですが、
ちょっと前にcomposerでエラーがでて、
composer global require "fxp/composer-asset-plugin:~1.0.3"
なんかしたりして対処してめんどくせってなってましたが、
最近やるとまたなんかエラーが出ると・・

fxp/composer-asset-pluginに関しては、ちょこちょこと推奨バージョンが変更になっているようです。
めんどくさいので、対処法メモしておきます。

参考:solr - yii2 composer update fatal error - Stack Overflow

-------------

1) Composer Asset Pluginを削除

composer global remove "fxp/composer-asset-plugin"

2) fxp/composer-asset-pluginの推奨バージョンをインストール

推奨バージョンはココで確認
composer global require "fxp/composer-asset-plugin:*"

3) composer installして、エラーでるならvendorフォルダ内とcomposer.logを消去して再度試す



以上メモでした。



↓↓引き続き募集中です(^^)

弊社ではシステム開発、Web制作, Iot案件など幅広く対応しております。
ビジネスプランをお持ちの方、WEBアプリを使って何か新しいビジネスを始めたい方、
僕達が力になれるかもしれません
是非お問い合わせ下さい
-----------------------------------------------
同時に、デザイナ、エンジニア、コーダの方募集中です。
サーバ周りからデザイン、システムまでワンストップでの開発を経験できますので、
WEB開発の事を学びたい方にぴったりな職場だと思っております。
またそういった向上心あふれる方と一緒に成長してきたいと思っておりますので、
興味を持たれた方はとりあえずご連絡下さい(^^)
-----------------------------------------------
福岡のシステム開発・Web制作 C-limber(クライマー)株式会社


2016年3月22日火曜日

JAWS 2016に参加してきました

11:55 Posted by 井口達也 , No comments
エンジニアの井口です。

先日東京でJAWS 2016 という、日本最大のAWSユーザグループのイベントに参加してきましたので、
感想などまとめておきたいと思います。

[JAWS 2016 総まとめ]
[JAWS 2016のタイムテーブル]

せっかく行ったので、一番Deepなのを聞いてきましたw

1500人規模のイベントで同時に5つのセッションが行われ、
私は「AWS Technical Deep Dive」という
技術寄りのセッションをずっと聞いてました。

セッションは前半後半に分かれ、
前半がユーザセッション、後半がAWS内部の人が補足説明という進行でした。
この進行の仕方はわかりやすいですね。
前半でヘビーユーザのリアルなユースケースが聞けて、
それをふまえて、後半、AWSのエンジニアの方から補足+アルファの
「こういう使い方もある」とか「一般的にはこういう使い方」という
かゆい部分に届く説明があるといった感じで、
AWSの各サービスをより深く知ることができました。

以下 私がきいたセッション内容題目

[Deep Dive]AWS Mobile Services
Cognitoでお手軽クラウドソーシング
足立陽一[有限会社 来栖川電算]
[スライドはこちら]
-----------
Amazon Cognito Deep Dive
塚田 朗弘[AWSJ SA]
[スライドはこちら]
[Deep Dive]AWS Big Data
スマートニュースにおけるストリーム処理の過去・現在・未来
坂本卓巳[スマートニュース株式会社]
[スライドはこちら]
-----------
Big DataとContainerとStreaming – AWSでのクラスタ構成とストリーミング処理
岩永 亮介[AWSJ SA]
[スライドはこちら]
[Deep Dive]AWS IoT
AWS IoTで家庭内IoTをやってみた
土持昌志[JAWS-UG 大阪]
[スライドはこちら]
-----------
AWS IoT デザインパターン
福井 厚[AWSJ SA] / 下佐粉 昭[AWSJ SA]
[スライドはこちら]
[Deep Dive]Amazon API Gateway & Lambda
オペ担当がAPI Gateway + Lambdaでチケット処理を自動化した話。
植木 和樹[JAWS-UG 上越妙高支部]
スはこちら]ライド
-----------
Amazon API Gateaway / AWS Lambda Deep Dive(の触りだけ)
西谷 圭介[AWSJ SA]
[スライドはこちら]
[Deep Dive]Amazon Aurora
「クラウドソーシングLancers」を支えるAurora
金澤 裕毅
[ランサーズ株式会社]
[スライドはこちら]
-----------
Amazon Aurora最新update – Amazon Aurora GAのその後
星野 豊[AWSJ SA]
[スライドはこちら]


EC2を極力立てない

従来のEC2を立てて、負荷分散して〜・・・という方法では
開発が追いつかなくなる時代が来てるのかなという事。

・Cognito(コグニート)の認証
・Kinesis(キネシス)データストリーム
・Lambda(ラムダ)のコンテナ
・API GatewayのURLハンドリング
・DinamoDB(ダイナモDB)NoSQL

とEC2と持たずに、負荷分散などほとんど考えずに
コストを抑えて大規模サービスを展開できる時代になったのだ、という
事を思いました。

ロックインしちゃってみる

こういった構造のアプリケーションを
2-Tier Architecture(ツーティア アーキテクチャ)
というらしいのですが、
このようなクラウドを利用するだけでなく、
その特性を踏まえた、というか
それを前提としたサービスづくり
これから重要度を増してくるように思いました。

クラウドの特性に依存しすぎて、
他のサービス(クラウド)に移行できない状況を
「ロックイン」というらしいですが、
AWSのここまでの機能を見せつけられ、
それに、他の大規模サービスが当然のように活用している状況を見ると、
逆に、AWSで作られたサービスに対抗するように
他のクラウドサービスが何らかの同等サービスを展開しないと
そもそもクラウドサービスで生き残れないような時代になるのではと
思います。

先日のFacebookのParseの終了の発表もそういう部分で、
AWSや他クラウドサービスに追いつけないと感じたことが原因かもしれないなと思いました。


体験してみなきゃわからない

弊社も早く、
2-Tier Architectureで何か作成しないと
時代に乗り遅れるな、、、とかあせりつつ、
地道に今現役のサービスや技術を磨く必要もあると
なかなか大変なワクワクする状況だなと思っております。

このワクワクをずっと感じていけるよう、新しい波に乗り遅れることなく
乗りこなしていきたいと思いました。

そんな未来の開発手法や開発の方向性を感じることができる
有意義なイベントでした。
また来年も参加したいです。


↓↓引き続き募集中です(^^)

弊社ではシステム開発、Web制作, Iot案件など幅広く対応しております。
ビジネスプランをお持ちの方、WEBアプリを使って何か新しいビジネスを始めたい方、
僕達が力になれるかもしれません
是非お問い合わせ下さい
-----------------------------------------------
同時に、デザイナ、エンジニア、コーダの方募集中です。
サーバ周りからデザイン、システムまでワンストップでの開発を経験できますので、
WEB開発の事を学びたい方にぴったりな職場だと思っております。
またそういった向上心あふれる方と一緒に成長してきたいと思っておりますので、
興味を持たれた方はとりあえずご連絡下さい(^^)
-----------------------------------------------
福岡のシステム開発・Web制作 C-limber(クライマー)株式会社


2016年3月19日土曜日

[Yii2]サーバ側でドキュメントルートを変更できない場合のYii側の設定方法

3:06 Posted by 井口達也 No comments
日々お疲れ様です。
クライマーの井口です。

日々充実しすぎて大変です 笑

ところで、
レンタルサーバなどにYii2を設置する場合、
ドキュメントルートの設定変更ができず困ることがあります。
ちょうどさっき困ってました。

対処法の備考録です。
※この対処法が効かないサーバもあります。
(そもそもmod_rewriteの機能を制限しているようなへんてこサーバも有りますので要注意です)

実際のドキュメントルート: wwwディレクトリとした場合

www/app/以下にyii2を配置する想定のお話です。
yii2はbasic templateを使用した場合を想定しています。
(frontendとbackendがわかれないやつ)

www/app/config/web.php(メインの設定ファイル)に追記する内容
use \yii\web\Request;
$baseUrl = str_replace('/app/web', '', (new Request)->getBaseUrl());

return [
    'basePath' => dirname(__DIR__),
    'components' => [

        'request' => [
            'baseUrl' => $baseUrl,
        ],
        'urlManager' => [
            'baseUrl' => $baseUrl,
            'enablePrettyUrl' => true,
            'showScriptName' => false,
            'rules' => [
                '' => 'site/page'
            ],
        ],
    ],
];

www直下に.htaccess
RewriteEngine on
RewriteRule ^(.*)$ app/web/$1 [L]


app/web/直下のhtaccess
RewriteEngine on
# If a directory or a file exists, use the request directly
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
# Otherwise forward the request to index.php
RewriteRule . index.php


このように設定した場合、トップページへのリンク方法は
Yii::$app->request->baseUrl を使わず、
Url::to(['/']);

を使いましょう。


以上、備考録でした。

-----------------------------------------------
弊社ではシステム開発、Web制作, Iot案件など幅広く対応しております。
ビジネスプランをお持ちの方、WEBアプリを使って何か新しいビジネスを始めたい方、
僕達が力になれるかもしれません
是非お問い合わせ下さい
-----------------------------------------------
同時に、デザイナ、エンジニア、コーダの方募集中です。
サーバ周りからデザイン、システムまでワンストップでの開発を経験できますので、
WEB開発の事を学びたい方にぴったりな職場だと思っております。
またそういった向上心あふれる方と一緒に成長してきたいと思っておりますので、
興味を持たれた方はとりあえずご連絡下さい(^^)
-----------------------------------------------
福岡のシステム開発・Web制作 ・Iot開発 C-limber(クライマー)株式会社