C-limber's highへようこそ。
C-limber's highは山登りのサイトではなく、福岡システム開発WEB制作会社 C-limber(クライマー)株式会社の技術メモブログです。
福岡システム開発ホームページ制作をお探しの方はお気軽にご相談下さい。

2014年3月24日月曜日

[apache]apache2.4系の挙動

20:56 Posted by 井口達也 , No comments
井口です。

ubuntuでapacheを不用意にapache2.4にアップデートさせてしまって困った話。
困った点
  1. sites-availableの下のファイルの名称規則が厳しくなった
  2. sites-availableのサイト設定の記述が変更になっている


sites-availableの下のファイルの名称規則が厳しくなった



今まではファイル名は自由に決めてよかったと思うんですが、2.4系から、デフォルトの設定では、
test-server.com.conf
みたいに、拡張子が.confでないと、読み込んでくれなくなってます。

この設定はapache側の設定で切り替える事が出来るようですが、これがデフォルトになったなら、自分のファイル名の決め方の方を変えなきゃな、ということで、気をつけるようにします。



sites-availableのサイト設定の記述が変更になっている


おなじみのこの書き方↓ が出来なくなっています。
 AllowOverride All
 Order allow,deny
 Allow from all
この書き方だと、
AH01630: client denied by server configuration:
ってエラーがでます。
対処の仕方は
 AllowOverride All
 Require all granted
これやると普通に読み込めました。

apache2.4系、まだまだいろんな違いがありそうです・・・


弊社では独自管理画面によるシステム開発、Web制作など幅広く対応しております。
お気軽に問い合わせ下さい。
福岡のシステム開発・Web制作 C-limber(クライマー)株式会社


=============
追記:アクセスを拒否する場合
Require all denied
=============
さらに追記:
Options は必ず+ or - で始めなきゃいけなくなったみたいです。
今まで+を付けなくても通ってたのに・・・
めんどくさー

2014年3月20日木曜日

[Yii][WordPress]WordPressとYiiを共存させる

12:13 Posted by 井口達也 , , No comments
井口です。

WordPressとYiiを共存させてみた話です。

WordPressのプラグインをYii Frameworkを使って作るという事ではなく、
別管理画面をYiiで作り、WordPressの関数・レイアウトを使いながら、
WordPressから吐き出されるheaderやらfooterやらを
Yiiのレイアウトとして読ませるといった感じで進めました。


WordPress自体は、

require('wp-blog-header.php');
このファイルさえ読み込めば、WordPress内の設定やコンテンツをWordPressの関数を使って読み込めるようになるらしいです。
[参考にしたサイト]
外部の php クラスや関数から WordPressの関数あるいはタグを含めた API を扱う方法 : Wordpressをインストールしてみた


しかし普通にやると、
require_once($yii);
した後では、YiiとWordpressは関数のautoload機能でぶつかってしまいます。

class_exists($foo, false)
とすると、yiiはclassを探すのを辞めてくれるらしいですが、
WordPress内の、機関部分をclass_exists($foo, false)として行ったらなにか問題も起きそうです。
[参考にしたサイト]
Undesireable behaviour of class_exists - Yii Framework Forum

なので、今回した対処は簡単に、
--------------------------------------
1) WordPressのbootstrapを先に読む
require('wp-blog-header.php');
してから
require_once($yii);
する。
2) 管理画面とフロント部のエントリスクリプトを別に読む
→ 管理画面用にフロント部用に別々のエントリスクリプト(index.php)を用意してあげる。
--------------------------------------

これでうまく行きました。

あとは、WordPress内の適用されたheader.phpや、footer.phpを、レイアウトのviewスクリプトで直接requireするだけです。

// テーマから直接読み込む
require_once('....../header.php');

以上です

[追記]
エントリスクリプトをわけるのに、フォルダ分けとか考えてましたが、
よく考えたらmod_rewriteで分岐させれますね。。
以下の例は、faq/regist/* と recruit/regist/* へのアクセスはフロント、それ以外を 管理画面へ分岐する設定です。
RewriteEngine on

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
#RewriteRule . index.php

#表ページ用 rooting
RewriteRule ^(faq|recruit)/regist/(.*)$ index.php

#管理画面ページ用 rooting
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . admin.php
弊社ではWordPressのカスタマイズ案件、独自管理画面によるシステム開発、Web制作など幅広く対応しております。
お気軽に問い合わせ下さい。
福岡のシステム開発・Web制作 C-limber(クライマー)株式会社


2014年3月15日土曜日

[Yii]リダイレクトについて

22:33 Posted by 井口達也 , No comments
井口です。

Yiiでリダイレクトの書き方、ちょっと特殊です。以下メモ。

モジュール名:shop
コントローラ名:csv
アクション名:upload
パラメータ:shop_id=10

にリダイレクトさせる場合、コントローラのアクション内で、

  $this->redirect(array('csv/upload', 'shop_id'=>10));

ポイントは、
・arrayで渡してる点
・はじめの値が、'shop/csv/upload'ではなく、'csv/upload'としている事

arrayで渡すと、controller名、action名を解析してくれるみたいです。
あと、module名は省略しても、自動で察してくれるみたいです。
module名を指定する場合は、'/shop/csv/upload'と、module名の前に/スラッシュを付けるか、
  $this->redirect(Yii::app()->createUrl('/shop/csv/upload', array('shop_id'=>10)))
Yii::app()->createUrl()しちゃってください。

以上です。